賃貸物件探しにはコツが有ります!?すぐに使えるテクニック3選

紹介してもらう物件は4軒だけと最初に断ると良い

初めて入る不動産屋では、最初に真剣に探していることを示すため案内を受ける物件は4軒のみに限定して資料を出してもらって下さい。不動産屋の多くは3部屋を提示して、真ん中の部屋に誘導する手法が使われています。4軒に限定して出してもらうことで、案内出来るチャンスは1度かつ即決してもらえる入居希望者という印象を与えられます。真ん中の部屋に誘導する方法が使えないので、4軒中1軒は優良物件が入ることが多くなります。

保証人を立てて借りられる物件を探す

駅前のチェーン店では可能性が低いですが、保証会社との契約をせずに借りられる賃貸物件には優良物件が多いです。なぜなら、保証人を立てて借りられる昔ながらの営業方法を行っている大家の物件は、メンテナンスがしっかりとされているので部屋が空くとすぐに入居者が決まってしまうので流通しません。地元の不動産屋に大家が連絡をするだけで、不動産屋が来店客を見て眼鏡に適ったら提示してもらえるからです。保証会社必須かつ保証費用を入居者に払わせる物件は不人気物件か不動産屋が勝手に保証会社からのキックバック目当てに強制しているだけという事実を知っておくと良いですよ。

都市ガスの物件に限定して探す

給湯設備にはプロパンガスと都市ガスの2種類があります。プロパンガスは自由料金となっているので、都市ガスの2倍から4倍の月額料金となるので、都市ガス物件から選ぶと優良物件に巡り会えます。賃貸物件を建設する際に、設備投資をしっかりと行っている物件は、オール電化と都市ガスに限られるので、都市ガスが敷設されている地域でプロパンガスを選ぶととんでもない料金を請求されてしまうので、プロパンガスを避けて賃貸物件探しをすることが間違いない方法です。

帯広市の賃貸物件の選び方を学ぶうえで、良心的な賃料が設定されている物件を中心にチェックを欠かさずに行うことが大事です。