遠隔地からの賃貸探し!三つのステップで効率的に

まずはインターネットで候補を絞り込む

遠隔地への引越しをするときには賃貸探しも苦労しがちです。行き先の情報があまり手に入らず、不動産会社にも直接行くのは大変になります。効率的に行うにはまずは不動産のポータルサイトを利用して、インターネット上で候補を絞り込みましょう。簡単に線引きできる家賃や立地、間取りといった観点から絞り込むとある程度の数まで減らすことができます。物件に応じて連絡先の不動産会社にも違いがありますが、あまり気にせずまずは候補を絞り込みましょう。

不動産会社に連絡して情報開示と内覧の予約

候補が決まったらそれぞれの物件を扱っている不動産会社に連絡して情報を提供してもらうのが次のステップです。インターネットに掲載されている以上の情報があれば開示して欲しいと伝えましょう。その情報を元にして三つ程度の候補に絞り込むのが目標です。絞り込めないときには不動産会社の対応の良さも考慮して、速やかで丁寧な不動産会社が扱っている物件にしておくのが賢明でしょう。それができたら内覧を予約すれば準備は万全です。

一日に内覧を詰め込んで情報を持ち帰る

内覧に行くのが大変なのが遠隔地の賃貸探しであり、一日に詰め込むことが重要です。朝から始めて夕方まで不動産会社に付き合ってもらい、候補の物件を一通り内覧しましょう。そこで即決してしまわずに情報を持ち帰って再度吟味するのが大切です。一日しか内覧できないと考えると焦って見落としてしまう点が生じがちなので、落ち着いて翌日になってから持ち帰った情報を見て結論を出しましょう。そのために写真やビデオを撮影してくるのが良い方法です。

賃貸とは居住用建物や駐車場などを貸す際に、契約書に基づき決められた賃料を取り相手方に貸すことを言います。