店舗部分だけじゃない!開業するときに大切な物件の選び方

店舗開業に必要なのは店舗だけ?

店舗を持って商品販売を行っていきたいと考えたら店舗部分のある物件を探さなければなりません。店舗物件は不動産会社で見つけることは可能ですが、本当に店舗部分があれば十分なのでしょうか。開業して何をする必要があるのかをよく考えて店舗物件を選ばないと営業する段階になって不足に気づく場合もあります。表立って見えてはいない店舗の裏側についてもよく理解した上で物件探しをするのが開業で失敗しないための重要な点です。

店舗経営に必要なものとは

店舗経営をする上では商品の取扱が必要になります。仕入れたものを保管するための倉庫の広さが十分かどうか確認しましょう。それを加工する場合にはその作業場も確保しなければなりません。自分で作ったものを販売するならその作業場として使いやすい広さを確保するのが大切です。飲食店営業をするのなら厨房スペースが必要になります。規模を大きくするなら従業員が休憩する部屋も必要になるでしょう。店舗物件の手配では売り場以上に裏側への配慮が欠かせません。

営業を効率化するために自宅利用も考慮

個人経営をするつもりの場合には営業を効率的に行えるようにするために店舗物件に自分が住むことも考慮してみましょう。一階は店舗と倉庫に使用し、二階を自宅として利用できる物件もあります。二階より上が十分に広くて作業場を兼ねられる場合もあるでしょう。遠くに店舗物件があると通うのが大変で管理が困難になりがちです。しかし、自宅と店舗が直結していればその心配はありません。効率的に経営を行っていくために、店舗物件を自宅とするのは効果の高い方法なのです。

ビルの内部にある店舗物件は配管や配線、駐車場などの設備を他の物件と共有している特徴があります。そのため、利用する際はトラブル回避のために共有設備に関するルールを遵守することが大切です。